左右で歯の長さが違う重度ガミースマイルを歯冠長延長術と上唇粘膜切除術で治療した症例(歯冠長延長術・上唇粘膜切除術)のページ。

左右で歯の長さが違う重度ガミースマイルを歯冠長延長術と上唇粘膜切除術で治療した症例(歯冠長延長術・上唇粘膜切除術)

ガミースマイル改善を主訴に来院されました。

ガミースマイルは3つの原因からなります。

①歯の長さが短い

②上唇が上がり過ぎる

③歯の位置の問題

診断の結果、①の歯の長さと②の上唇が上がりすぎる事に原因がありました。

先ずは歯冠長延長術を行い、治癒後の1ヶ月後に上唇粘膜切除術を行いました。

臨床例

治療前

歯の長さが左右でバラバラで揃っていない重度のガミースマイルの状態でした。

歯の長さが左右で違うと、どうしてもバランスが悪く見えてしまい、口元の印象が良くありません。

歯冠長延長術後

歯冠長延長術を行った後は、左右で歯の長さが一致し、バランスが取れた状態になりました。

しかし、思いっきり笑うと上唇が上がりすぎることで、まだ歯茎が見えるのが気になるとの事でしたので、上唇粘膜切除術を行っていくことになりました。

上唇粘膜切除術後

上唇粘膜切除後は、思いっきり笑っても歯茎が見えないようになり、患者さまの理想通りのスマイルになりました。

治療前後の比較(口元)

重度のガミースマイルが、歯冠長延長術と上唇粘膜切除術を併用することで、改善しました。

左右で整った理想的なスマイルラインになり、術後の仕上がりに大変喜んで頂きました。

治療途中の比較(口元)

まず、歯冠長延長術で歯の左右の長さを整えて歯を本来の長さに戻しました。これだけでも口元のパッとした印象は変わり綺麗になります。

さらに歯茎の見える量を減らすために上唇粘膜切除を行い、ガミースマイルの改善を行いました。

それぞれのステップでガミースマイルが無くなっていくのが分かります。

(上唇粘膜切除術は口腔内にうっすら筋のような跡が残ります。近年、上唇粘膜切除を行った後に後戻りを起こし、傷口が見えるなどのトラブル相談をよく受けます。ガミースマイル治療を受けられる際は、十分にリスクなど把握して受けられることをお勧めします)

当院では、年間250例以上のガミースマイルの治療を行っております。全ての方の治療を院長が責任持って行います。

年代・性別 20代女性
主訴 歯が短い、左右で歯の長さが違う、上唇が上がりやすい
治療内容 歯冠長延長術・上唇粘膜切除術
費用 1.98万×10本(税込)・14.8万円(税込)
期間 治療回数4回(抜糸は別日に必要)
リスク・副作用 しっかりとした診査診断ができていないと正しい治療効果が得られないことがあります。一時的に痛みや腫れを伴うことがあります。

ガミースマイルでお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

ガミースマイルセンター専門サイトはこちら

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

監修者情報

松井 泰隆  YASU DENTAL CLINIC 院長

東京歯科大学を卒業後、京都大学医学部附属病院で口腔外科を学び、その後審美歯科やインプラント治療を行う医療法人に勤務し分院長などを歴任。

articles

アクセス・診療時間

Clinic INFO

logo

06-6771-4141

〒543-0074
大阪府大阪市天王寺区六万体町5番18号3階
大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」駅直結

Googleマップで見る

【診療時間】9:30〜13:00 / 14:30〜18:30
【休診日】水・日・祝日
※祝日のある週は水曜日は通常診療

ご予約・お問い合わせはこちら TEL. 06-6771-4141 相談フォーム