大阪のガミースマイルセンターのガミースマイルとは?について。

ガミースマイルとは?

gummysmile

大阪のガミースマイルセンターがガミースマイルについて詳しく解説します。

ガミースマイルとは?

笑った時に、歯茎が多く見える状態をガミースマイルといいます。笑顔で歯茎が3mm以上露出していると、相手が違和感など抱きやすく、対人関係に支障が生じやすいです。そんなガミースマイルがチャームポイントになる人もいますが、一般的には改善を要するコンプレックスとなります。

症状・原因は3つに分けられる
症状・原因は3つ

ガミースマイルの症状・原因は大きく分けると、【歯の長さの問題】【歯の位置の問題】【唇の位置・形の問題】の3つに分類することができます。その中で、ガミースマイルの程度や組み合わせに応じてそれぞれに合った治療方法を選択することが大事になります。



ガミースマイルの原因に応じた治療方法

①歯の長さの問題

歯が短い、あるいは歯茎が被さっている面積が広いと、必然的に歯茎が多く見えます。歯と歯茎の境目のラインが下方に位置するため、ガミースマイルの症状を呈します。
このケースでは、歯冠長延長術やセラミック矯正でガミースマイルの症状を改善できます。

歯冠長延長術(CLP)
歯冠長延長術(CLP)

外科手術によって歯茎を切除し、歯を大きく見せる治療法です。後戻りしにくいのが利点ですが、ダウンタイムが必要となります。

セラミック矯正
セラミック矯正

小さい歯を標準的なサイズに改善する上で有用な治療方法です。セラミック製の被せ物を装着することで、歯の大きさだけでなく、色や形、歯並びも併せて改善できます。歯冠長延長術を併用することで、治療効果も高くなります。治療に要する期間は、3ヶ月程度です。3~4回の通院で治療が完結します。

②唇の位置・形の問題

歯や歯茎の状態は正常でも、笑った時に上唇が上がり過ぎるとガミースマイルの症状が現れます。上唇が短い、上唇を持ち上げる筋肉が過度に発達している、といった異常が主な原因です。このケースでは、ボトックス治療や粘膜切除術が有効です。

ボトックス注射
ボトックス注射

無毒化したボツリヌス菌を注射して、上唇を持ち上げる筋肉を麻痺させる治療法です。ボトックス注射をする部位は、小鼻の脇です。上唇鼻翼挙筋と上唇挙筋を麻痺させることで、唇が過剰に持ち上がるのを防ぎます。
注射を打つだけなので、施術に伴う痛みや出血はほとんどありません。費用も比較的安いです。ただし、ボトックス注射の効果は6ヶ月程度で消失するため、タッチアップが必要となります。

上唇粘膜切除術(LIP)
上唇粘膜切除術(LIP)

上唇の内側にある粘膜を切除して、縫合します。その結果、唇が上がりにくくなり、ガミースマイルの症状も改善されます。施術は1回で終わり、治療効果も長く続きます。

③歯の位置の問題

前歯が下方に位置していると、笑った時に歯茎が目立ちます。歯や歯茎の長さに異常はないので、矯正治療でガミースマイルの症状を改善できます。

歯列矯正
歯列矯正

いわゆるワイヤー矯正で、歯の位置を根本から改善します。顎の骨にネジを埋め込んで固定源とする「インプラント矯正」を併用することで、難症例のガミースマイルでも効率良く改善できます。

アクセス・診療時間

Clinic INFO

logo

06-6771-4141

〒543-0074
大阪府大阪市天王寺区六万体町5番18号3階
大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」駅直結

Googleマップで見る

【診療時間】9:30〜13:00 / 14:30〜18:30
【休診日】水・日・祝日
※祝日のある週は水曜日は通常診療

ご予約・お問い合わせはこちら TEL. 06-6771-4141 相談フォーム