大阪のガミースマイルセンターの上唇粘膜切除術(LIP)について。

上唇粘膜切除術

lip

ガミースマイルの症状を改善できる治療法の一種です。一度の施術で歯茎を目立たなくさせることができます。ここではそんな上唇粘膜切除術について大阪のガミースマイルセンターがわかりやすく解説します。

上唇粘膜切除術(LIP)とは?

上唇粘膜切除術とは、上唇の内側にある粘膜を切除して、縫合する治療法です。歯茎の幅を調整することができ、結果としてガミースマイルを目立たなくなります。

こんな方に適しています

上唇粘膜切除術は、ガミースマイルの原因が筋肉の異常に由来するケースに適しています。上唇と小鼻を引き上げる「上唇挙筋群」の発達がよく、上唇が過剰に引き上げられることで、ガミースマイルの症状を呈している場合で、LIPを実施すると上唇の運動範囲が制限されます。

つまり、唇が上がりにくくなるため、ガミースマイルの症状も改善されるのです。

上唇粘膜切除術のメリット

上唇粘膜切除術には、以下に挙げるメリットがあります。

  • 1回の施術で症状を改善できる
  • 手術は60分程度で完了する

上唇粘膜切除術は、60分程度の手術を1回行うだけでガミースマイルの症状を改善できます。筋肉だけではなく、歯並びや顎骨の異常も伴うケースでは、その他の治療法を併用もできます。

上唇粘膜切除術のデメリット

上唇粘膜切除術には、以下に挙げるデメリットがあります。

  • 術後に腫れることがある
  • 後戻りすることがある

上唇粘膜切除術は、比較的簡便な外科手術ですが、メスで切開等を行う治療である以上、術後に腫れる可能性はあります。手術から数日間は、お仕事や人とお会いする予定を避けていただく必要があります。ただ、施術部位は唇の内側であり、お顔に傷ができるようなことはありませんのでご安心ください。

後戻りに関しては、唇が柔らかかったり、唇を持ち上げる筋肉がより強い方は後戻りしやすい傾向にあります。術前と全く同じ程度まで後戻りすることはありませんが、個人差があります。

上唇粘膜切除術の流れ

01.カウンセリング

まずは、カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。治療に対するご要望も承っております。その上で、お口や歯茎、唇の状態を検査し、最善といえる治療法や治療計画をお話させていただきます。

02.麻酔処置(表面麻酔・局所麻酔)

施術部位に医科用の特殊な高濃度表面麻酔シールを貼付し、注射で痛みが生じないようにします。局所麻酔には極細の針を用いるため、チクッという注射特有の痛みも緩和されます。薬液の注入を一定の速度で行うことで、注射の不快感も軽減されます。

03.粘膜切除と縫合

上唇の内側の粘膜をメスで切除し、歯茎の見える範囲を狭くします。適切な位置が定まったら縫合して手術は完了です。

04.抜糸をして治療が完了

手術から1~2週間経過したら、抜糸をします。術後の腫れも1週間程度で引いていきます。

上唇粘膜切除術の症例

アクセス・診療時間

Clinic INFO

logo

06-6771-4141

〒543-0074
大阪府大阪市天王寺区六万体町5番18号3階
大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」駅直結

Googleマップで見る

【診療時間】9:30〜13:00 / 14:30〜18:30
【休診日】水・日・祝日
※祝日のある週は水曜日は通常診療

ご予約・お問い合わせはこちら TEL. 06-6771-4141 相談フォーム